富士山の山小屋に個室ってあるの?

スポンサーリンク

最近、日本の長年の目標であった富士山の世界遺産登録が決定して、『またもう一度富士山を登ってみようか』と考えた方や、『私、実は登ったことないから登ってみたいな』と思った方も多いのではないですか。

 

富士山へ登る時は普通の観光地に行く気分は厳禁で、しっかりと装備を整えて望むことが何よりも大切です。

 

富士山の魅力をたっぷり味わいたい人は2〜3日ぐらいは山小屋に宿泊し、別々のルートから登ると、富士山の魅力の色んな面を見ることができるでしょう。

 

山小屋というのは全ての登山客のサポート(売店、トイレなど)をするための施設ですので、宿泊施設といえども、ホテルのように各々の客が各々の部屋にチェックインするようなものは少なく、どっちかというと民宿のように利用客同士、お店側とも顔を合わして協力し合いながら使うところが多いようです。

 

なので完全な個室は難しいですが、山小屋によっては5人程度の相部屋で使う小さな部屋を用意しているところもあるそうです。

 

ただし夏場など観光シーズンで賑わう季節はすぐに予約が埋まってしまいますので、なるべく早めにスケジュールを立てて6月末までには予約を入れておくことが望ましいでしょう。

 

長らく日本人の宝とされてきた山「富士山」は世界の宝として守っていくことになりました。

 

これから富士山を世界中に知って貰うことが可能になる面もあり、また、日本人の富士山への関心が復活しつつある中で忘れてはならないのが、この山が登山客が自分勝手にゴミを捨て汚れた山として世界に有名なことです。

 

そんなの昔の話、と言えるほど時間は経っていませんから、登山客、日本人が結束して綺麗にするように心掛けなくてはなりません。

スポンサーリンク